ポータルサイト

つぶやき検索


ポーランドのツイート検索

「ポーランド」のつぶやき検索結果を表示しています。

最新情報に更新する

 偽トノイケ☆ダイスケ(久弥中)
さっきのミウォシュの詩が印象に残っているのもその点で、確かにミウォシュのような詩は「ポーランド国民とナチ」が完全に血みどろの国内戦をやっているような状況では「詩は書けない」だろうと思う。そういう距離感を取れるような状況では全くない。
 emasa🌈山本太郎とれいわ新選組支持
RT @maromiso1: アメリカに住んでいた時、日本の文化が大好きだというポーランド出身のご高齢の研究者に妻が日本語を教えてました。その方は毎年日本に旅行をしていたのですが、数年前、もっと日本を知りたいと1ヶ月間京都に滞在し、その後から連絡が途切れてしまいました。このパタ…
 うり坊主
RT @mipoko611: 文大統領って、冷戦構造の完全な終結と、半島が中国ロシアアメリカの間の要になるのを見据えてる感じする。で、かつての朝鮮やポーランドみたいに、新しい力関係の中で大国や周辺国に潰されないよう、強く自立した国を目指してるような。理想というより単に政治として。
 ティーバック
ポーランドの首都、ワルシャワのおすすめ観光地! https://t.co/x4kdLb021y #ポーランド #ワルシャワ
 てのりん
RT @mipoko611: 文大統領って、冷戦構造の完全な終結と、半島が中国ロシアアメリカの間の要になるのを見据えてる感じする。で、かつての朝鮮やポーランドみたいに、新しい力関係の中で大国や周辺国に潰されないよう、強く自立した国を目指してるような。理想というより単に政治として。
 世界史B重要事項
【ティルジット条約】1807年に、勝利したナポレオン側とプロイセン・ロシアの間で結ばれたイエナの戦いの講和条約。プロイセン領ポーランドにワルシャワ大公国が建国された。プロイセンは多大な賠償金と領土割譲を課された。この屈辱的な条約がのちの「プロイセン改革」のきっかけとなった。
 世界の皇帝と王・貴族の異名bot
【勇敢王】ボレスワフ1世(966/67?~1025) ポーランド公(在位992~1025/国王戴冠:1025) 武勇に優れ、騎馬隊を整備してボヘミアを征服、ポーランドの国領を拡大した。 死の直前に王冠を受け取りポーランド初代国王に即位。 (王位は息子の代に失い、再び公国に戻った)
 からふるーと
@chontie_mc 必要であれば明日にでもポーランドボール原田美世ちゃん描きますけど…
 UTAUコピペbot
ニュイ「アメリカ人はアメリカン、ではイギリス人は?」 ミエル「えっと……イギリ…シアン?」 ニュイ「違う」 ミエル「え~、イギリスン?」 ニュイ「ヒント。スペインはスパニッシュ、ポーランドはポーリッシュ」 ミエル「い、い、いぎりしゅ?」 ニュイ「なにそれかわいい」
 佐和
RT @lotzun_DeuPol: 京大から取り寄せた1920年刊行の『ポーランド語=ドイツ語辞典』。あるポーランド語単語の当時の用法を確認したいだけだったけど、色々と確認すると思わぬ収穫もあった。古い辞書というのは面白い。 https://t.co/Gcp1o4rcrq
 mipoko
文大統領って、冷戦構造の完全な終結と、半島が中国ロシアアメリカの間の要になるのを見据えてる感じする。で、かつての朝鮮やポーランドみたいに、新しい力関係の中で大国や周辺国に潰されないよう、強く自立した国を目指してるような。理想というより単に政治として。
 まりおまま
#てにす 今全米予選の試合でロブレドの相手、ポーランドのMajchrzakというプレーヤー、初めてだな。23歳、90番台、プロフによればポーランドの大学にまだ在学中とある。1セットめ先取したけど、このままロブレドに勝てるか、ちょっと注目。ところで!彼の名前も又読めない💦
 animemycity
【PR】チケットぴあ 一般発売/モーツァルト「レクイエム」~ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場~11/6(水)東京芸術劇場 コンサートホール東京都 2019/6/26(水)10時~発売 https://t.co/hNkhwGmFIB
 NAKANISHI, Masanori
RT @takuya1975: ワルシャワ3日目。ポーランド・ユダヤ人歴史博物館。ここは素晴らしい。中世から現代まで、ふつうに見るだけで5時間かかる。共感一辺倒のワルシャワ蜂起博物館とは違う、批判的というか分析的な眼差しが確かにある。当然かもしれないが、イェドヴァブネもキエルツ…
 鷹羽裕輔
RT @emonok1: フサリアの鎧:フサリアは16~17世紀にかけてヨーロッパ最強と言われたポーランドの騎兵隊。圧倒的少数で大軍を打ち負かし、しかも自軍兵の損害は極端に少なかった。背中の巨大な羽飾りは元々モンゴル軍の使用した投げ縄への対策が、そのまま定着したものという。ht…

⇒ もっと見る

最新情報に更新する

このページのURL

つぶやき検索



1